Pâtiré(パティレ) 誘惑のバニラ 思わずカップを二度見した衝撃のバニラ!

アイスは好きで頻繁にいただいてます。

「バニラアイス」といったらアイスの定番ですよね。

アイスコーナーに行くたびにチェックしていた、この「誘惑のバニラ」。

このバニラは一味違いました。

今回は「メイトー Pâtiré(パティレ) 誘惑のバニラ」の感想記事です。

メイトー Pâtiré(パティレ) 誘惑のバニラ

「Pâtiré(パティレ)」シリーズは2019年9月9日より発売されました。

全国のスーパー・コンビニなどで買うことができます。

「Pâtiré(パティレ)誘惑のバニラ」はアイスコーナーに行けば、割と見かける機会が多い商品。

気になりませんか?

誘惑の…って。

卵とハチミツを使ったフレンチバニラアイスがベースのコクのあるアイスに、華やかな香りのフランス産ブルボンバニラで香りづけしました。さらに洋酒を配合することで(製品中:アルコール分0.6%)、全体の味が調和しながらもコクと香りが底上げされた、まさに「誘惑のバニラ」と言える未体験のバニラアイスです。

引用元:「Pâtiré(パティレ)」シリーズ新発売

商品情報

種類別アイスミルク
成分規格無脂乳固形分:6.5% 乳脂肪分:5.3% 卵脂肪分:0.8%
内容量120ml
保存方法要冷凍(-18℃以下)
価格140円(税別)

栄養成分表示

表示対象1個当たり120ml
カロリー153kcal
たんぱく質2.5g
脂質5.9g
炭水化物22.5g
食塩相当量0.06g
アレルギー乳成分 卵

※アルコール分0.6%

※はちみつを使用していますので1歳未満の乳幼児には食べさせないでください。

CM

Patire(パティレ)

動画があったので貼っておきます。

企業さん向けのCMなのかな?

1分以上の長尺となっております。

思わず食べてみたくなるコメントの数々。

食レポのお手本にしたい。

実食!

さて、いただきます。

蓋を開けると、真っ白な一面が広がります。

特に変わった様子はないバニラ。

ほのかに洋酒のような香りがするような(勘違いかもしれない。)

まずはひとくち。

「こ…これは…。」

と思わずカップを二度見しました。

なんならカップの底も見ました(ナンデ?)。

ちょっと変わった味わいかも。

インパクトあります。

独特というか。

「ほんのり洋酒のハチミツ卵バニラ」といった感じ(なんじゃそりゃ)。

ハチミツと卵は強め。

バニラと洋酒がほんの少し。

といった感じです。

「バニラアイス」

と思って買うより…

「ちょっと変わり種いってみるか!」

くらいの気持ちでいただいてみるのが良いかと。

いや、美味しくないわけではないです(リピート買いしました)。

ある意味衝撃的だったので。

アイスの硬さは「やわらかふんわり系」です(溶けるの早い方かも)。

Pâtiré(パティレ)シリーズの商品展開

今回ご紹介させていただいた「パティレ」のシリーズの商品展開は、「カップアイス3種」「マルチタイプ3種」となってます。

誘惑のバニラ(カップタイプ)

そして

誘惑のラムレーズン (カップタイプ)

カリフォルニア産のホールレーズンを、パティシエ監修のオリジナルレシピで香り高くしっかりとした食感のラムレーズンに仕上げました。洋酒の香りをしっかり感じるジャマイカ産オールドラム酒を使用したアイスとオリジナルラムレーズンの組み合わせが、より豊かにラム酒の香りを引き立てています。パティシエのこだわりを積み重ねた、ラムレーズン好きのためのラムレーズンアイスです。

引用元:「Pâtiré(パティレ)」シリーズより

ラムレーズンのアイスって美味いんだよなぁ…。

カップアイスコーナーでひと際鮮やかな紫が、目を引くと思います。

ラムレーズン好きなら買いだと思います(マルチタイプの方しか、いただいてないので次はいただきますぜ)。

誘惑のラムレーズン (バータイプ)

刻みレーズンをふんだんに使用した、ラムレーズン好きな方にお勧めのアイスバー。二種のダークラム酒を組み合わせたことで、一口目から食べ終わりの余韻まで絶妙なバランスでラム酒の味わいを楽しめます。パティシエの技で磨きあげた本格的なラムレーズンアイスバーの豊かなラム酒の香りをお楽しみください。

引用元:「Pâtiré(パティレ)」シリーズより

マルチタイプのアイスバーなので一本の量が40g。

危うく2本目をオートマチックに食べようとしてしまう?美味しさでした。

みなさんでシェアする時にどーぞ(シェアしなくても桶)。

とても美味しいラムレーズンアイスです。

誘惑のバターキャラメル(バータイプ)

ミルクキャラメルとビターキャラメルの2種を組み合わせた、何度も食べたくなる甘さのキャラメルアイス。食感と後味を残すバタークッキーを混ぜ込みました。つい、次の一口が進むようなキレを生み出すためにフランス・ロレーヌ産岩塩を加え、完成度の高い味わいに仕上げています。思わず笑顔になる味わいの、パティシエの技が光るバターキャラメルアイスバーです。

引用元:「Pâtiré(パティレ)」シリーズより

こちらも美味しかったー。

袋を開けた瞬間から鼻でも楽しませてくれます(鼻腔をくすぐる甘い香り)。

そして食べても

「あま~い」

甘いのですが、その中に感じる「岩塩」が絶妙な塩梅。

バタークッキーの食感もとっても良いのです。

気が付いたら手には木の棒のみ。

おすすめです。

誘惑のザッハトルテ(ひとくちタイプ)

日本人の舌に合うクラシックで洗練された味わいのチョコアイスを、微細なクランチを配合しザッハトルテの特徴的な食感を再現した甘さのあるチョコレートで包みました。アイスの内部に入れたアプリコットソースのほのかな酸味が、より豊かな味の決め手となっています。日頃の癒しにひとくちの幸せを感じられる、多層型のチョコアイスです。

引用元:「Pâtiré(パティレ)」シリーズより

ザッハトルテ…チョコレートの一種ですね(強そうな名前)。

探したのですが近所にナカナカ置いてなくて。

「アイスバータイプ」ではなく「ひとくちチョコアイス」。

アプリコットソースも気になる。

誘惑のティラミス(カップアイス)

コクが決め手のマスカルポーネチーズ入りアイスと爽やかな酸味が特徴のクリームチーズ入りアイスとエスプレッソソース、ココアパウダーを絶妙なバランスに組み合わせて作り上げたティラミスアイスです。隠し味として、レモン果汁、フルーツブランデーのキルシュワッサーを使用することで、大人も楽しめるチーズアイスのコク、味わいを演出しました。

引用元:メイトー  Pâtiré 誘惑のティラミスより

2019年12月2日発売。

こちらも見つかりません(汗)

近い内に「誘惑のティラミス」を探して、旅に出かけようと思います(探究心)。

著者は甘党でティラミスが特に好きなので、是非ともいただいてみたい一品。

メイトーさんから発売中の「誘惑シリーズ」

パティシエさんたちの「こだわり」を感じるとができるアイスです。

気になった方はスーパー、コンビニ、ドラックストアのアイスコーナーへ。

ちょっとビックリするバニラ

口にした瞬間、衝撃の「バニラアイス」だったので…

「他の人はどうなんだろう?」

と気になり「アイスの口コミ投稿サイト」をいくつか拝見…。

賛否両論みたいですね。

好みが分かれる味みたいです。

レビューなさっている方々が口々に

「万人受けはしないかも」

「好きな人は好き」

といった評価でした。

あえて例えさせていただくと

「クセの強いボーカル」的な。

衝撃を受けた「バニラアイス」でした。

私は嫌いじゃないですよ。

リピート買いしましたから(クセになってるかも)。

そんなワケで

「Pâtiré(パティレ) 誘惑のバニラ」の紹介でした。

にほんブログ村 スイーツブログ 冷菓子・アイスへ

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました