ロッテ ガーナ ローストミルク 味やカロリーなど コクがあるキャラメルのような味わい

チョコレートというと、ロッテの赤いパッケージ「ガーナミルク」が頭に浮かぶ方も多いかと思います(昔から馴染みのある、真っ赤な美味しいヤツ)。

他のメーカーも美味しいですが、やっぱり「ガーナミルク」かな~と。

しかーし、ブログを始めたりで甘党が加速!

新しいお菓子やアイスと出会い

「何事も挑戦だ!」

となりまして、購入してみたのが今回の「ロッテ ガーナ ローストミルク」です。

ロッテ ガーナ ローストミルク

口の中に広がる風味豊かな焦がしミルクと優しい味わいのカカオが織り成す濃厚な味わい。

引用元:ロッテ ガーナ ローストミルクより

販売元はお口の恋人ロッテさん。

ガム、チョコレート、アイスなど、何らかしら一度は口にしたことがあるメーカーさんだと思います。

このガーナ ローストミルクが発売されたのは2017年9月。

何度か見かけてはいたものの、完全にスルーしていました。

安定もいいですが、冒険してみないと分からないものもありますよね。

商品情報

メーカーロッテ株式会社
内容量1箱(55g)
保存方法28℃以下の涼しいところ
※10%増量のパッケージで、基本は50gです。

近所のスーパーで95円で購入できました。

板チョコってコスパ良いですよね。

こんなに甘くて美味しいものが100円くらいで買えるなんて。

ありがたい。

ちょっと余談ではありますが、数か月前にバレンタインの保険で買ったチョコだったりします。

お菓子箱の奥深くで保管していましたが、これからの時期なら冷蔵保存がイイかもしれませんね。

チョコレートの最適温度は15~22℃とのこと。

保存場所にはご注意ください。

栄養成分表示

表示対象1箱55g当たり
カロリー320kcal
たんぱく質3.9g
脂質22.1g
炭水化物28.5g
食塩相当量0.1g
アレルギー乳成分 大豆

チョコレートですから、カロリーはありますね。

とはいえ、気にしていたらチョコレートは食べれません。

せっかく割れるように凹みがあるので割ってシェアするか、回数を分けて食べれば問題なしです。

途中で止めることができればよいのですが…。

実食!

いつもの「ガーナミルク」よりやや茶色い様に感じます。

チョコレートの甘い香りとカカオの香りが、ほんのりと漂いました。

割ってみたところ…

保存状態からなのか、パキッといきませんでした。

「まぁ、こういうのも美味しいかも」

と気にしないことに。

では、いただきます。

口の中で味わいながら溶かしていくと…

ミルクのコクがあり、こってり濃厚な感じ。

チョコレートにキャラメルをミックスしたような味わいです。

ガーナミルクとの違いは、ローストミルクの方がよりまろやかといった感じ。

パッケージの後ろにヘーゼルナッツペーストとあり、その風味なども効いているのかも。

ガーナミルクも美味しいのですが、このローストミルクも負けず劣らず美味しいチョコレートでした。

好みもありますが、万人受けする味だと思います。

おやつとしてコーヒーといただきましたが、やはり相性は抜群。

ちょっとした一息にチョコレートとコーヒー。

安らぎのひと時~。

ごちそうさまでした。

コクがあるミルクでキャラメル感

ローストミルクということでどんな味か気になっていましたが、コクがあるキャラメルの様なチョコレートでした。

選択肢としてローストミルクを買ってみるのもアリかも。

まろやか系のミルキーなチョコレートが好きな方におすすめです。

にほんブログ村 スイーツブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました