和田祐美著「15歳から学ぶ「陽転思考」のきほん」読みやすく、易しい文章で元気になります。

断捨離がてら、部屋を掃除していたら一冊の本が出てきた。

和田祐美著「15歳から学ぶ「陽転思考」のきほん」

友人が私に貸してくれた本でした。

借りてから6年くらい?になるでしょうか。

別に借りパクをするつもりはまったく無く、いつの間にかそんなことに(友人、申し訳ない)。

少し休憩ということで、パラパラとページをめくると…。

良いこと書いてあるなぁ…。

フムフム。

うんうん、そうなんだよなぁ。

へ―。

なるほど、そういうふうに考えればいいのか!

いつの間にか読み終えてしまい、元気を貰えました(ビックリするくらい、あっという間)。

そんな一冊。

非常に読みやすく、良書だと思ったので紹介させていただくことに。

思春期の方はもちろん。大人の方にも。

可愛らしい表紙ですが、中身はとっても良いことが書かれています。

私はアラフォーのおっさんですが、読んで良かったなと思えました(できれば思春期に読みたかったかも、なんてね)。

文章が本当に読みやすいんですよ(思春期のみなさん向けに書かれてるワケだから、当たり前ではあるかもですが)

誰しも経験がある(するであろう)、「辛いこと」や「悲しいこと」などに、どう対処していくべきなのか?みたいなところが書いてあります。

「目からウロコ!」みたいなことが、特に書いてあるわけではありません。

ただ、書いてあるとおりに考えてみたら「あの時の嫌なこと」も実は「良かったこと」だったのでは?ってなります。

生きていく中で経験することを「マイナス」ではなく「プラス」に考えてみよう。

そうしたら、「なんだ、大したことじゃないじゃん」なんて思えるようになる考え方を教えてくれます。

こういった自己啓発の本って、「難しく書いてあったりでサッパリ分からない」、「眠くなったりで読むのをやめてしまう」なんてものもあると思うんです。

その点この本は、兎に角「読みやすい」です。

例えるなら…

スポーツ後のスポーツドリンクが身体にスーっと入っていく感じ(例え、ヘタクソかよ(汗))

でも本当にスーっと入ってくるんですよ。

別に思春期じゃなくても全然OKです!

お子さんが何かに悩んでるようなら何気なくテーブルに置いておくも良し。

ダイレクトに「いい本があるから読んでみて」でも良いと思います。

大人の方にもオススメしますよ。

少し考え方を変えるだけで、「あの時の嫌な思い出」も「あの時があるから今がある」に変われるかもしれません。

世の中、暗いニュースやストレスが本当に多いと思います。

学校や仕事で、嫌なことも辛いこともあるでしょう。

でも、それでも。

明るく楽しく、生きたいじゃないですか。

暗い顔して下を向いていては、せっかくの「素敵なもの」を見落としてしまうかもしれませんよ。

この本は、そんな「素敵なもの」を見落とさない様に、あなたに前を向く手助けをしてくれる。

そんな一冊です。

宜しければ手に取ってみてください。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました