Apex Legends シーズン3開幕!とりあえずシーズンパスを買って数試合してみた感想。

「Apex Legends」シーズン3きましたね!

みなさんはもうプレイしましたか?

スカルタウンに降りて(ホントは降りたくない…。一応、OKって言っちゃうけど、内心は全然OKじゃない…。)速攻で養分にされるヘタクソのエンジョイ勢(FPS初心者)ですが、それでも楽しみにしてきたのは事実(シーズン2から参戦組)。

早速、シーズンパスを買ってプレイしてきました(スキン欲しい)!

情報等はゲームサイトをウロチョロしていたので、多少は知っていましたが…にしても色々と新要素、変更点があり戸惑いを隠せません(アタフタとワクワク)

とりあえず、「新マップ」「新レジェンド」「新兵器」の3つの紹介と感想を。

新マップ「ワールドエッジ」

Apex Legends Season 3 – Meltdown Gameplay Trailer

「新マップ」の「ワールドエッジ」で戦います。

何処に何があるかサッパリなので、「ジャンプマスター」は譲ります。

雪山や火山、ビル群など、高低差がある感じとなってますね。

そして、とても広く感じる(気のせい?)。

物資を漁ってて、探索…パルスがきちゃって、安置までひたすらダッシュな感じ。

列車は走ってたり(ガスおじさんで、「ガストラップ」まみれにしてやったぞ。)。

間欠泉(これでどのレジェンドでも、「イヤッホゥー!」とオクタン気分が味わえますね。)とかもあり、楽しい(遊園地のアトラクション気分)。

「ロックされた扉」や「空に浮いてる球体(撃ち落として開けると物資が入ってる)」も気になりますね。

新鮮味があって好感触です。

とにかく探索が楽しい♪

新レジェンド「クリプト」

「覚悟ができていれば、怖いものはない。」

監視活動の達人

Apex Legends | Stories from the Outlands – “Forever Family”

クリプトは秘密の扱いに長じ、暴き方と守り方の双方を心得ている。優れた暗号解読能力を持つ敏腕ハッカーとして、Apexアリーナでは飛行ドローンを操りながら姿を隠して敵の動向を偵察する。彼のドローンには、指名手配中の殺人犯パク・テジュンが作ったものとデザインが酷似しているという指摘がある。

スオタモの路地で育った孤児テジュンと、血縁はなくも肉親として育ったミラ・アレクサンダーは、コンピューター技師となることで劣悪な環境を脱出し、アウトランズ各地にApexゲームを中継するドローンを設計した。しかしある日、テジュンは重要な企業秘密とともに姿を消し、ミラは不可解で暴力的な状況下で失踪を遂げた。クリプトはテジュンとの接触を否定しており、事件は未解決のままとなっている。

クリプトがApexゲームに参戦した動機は、その人物像と同じく深い謎に包まれている。最近のインタビューで彼は正義を求めると発言したが、その対象が具体的に何であるかは分かっていない。

本名[ERROR]
年齢[ERROR]
帰るべき世界[ERROR]
Meet Crypto – Apex Legends Character Trailer
戦術アビリティ スパイドローン 飛行ドローンを展開して、周辺区域を上空から観察する。ドローンが破壊された場合、次の機体の展開まで45秒のクールダウンが必要。
パッシブアビリティニューロリンク スパイドローンが現在地から30メートル以内に検出した敵を、自軍全体が目視できるようマーキングする。
アルティメットアビリティドローンEMP スパイドローンからEMP波を放出することで、敵にシールドダメージを与えて行動を遅らせ、さらに罠を無効化する。

自分も使ってみましたが、アビリティ等を使う前にキルされてしまったので…(ヘタクソ)。

ただ、敵方にいた「クリプト」さんをパンチとキックでやっつけました(敵の真ん前で「戦術アビリティ」は使っちゃ駄目だと教えてくれました。)。

敵のいない所(もしくは突入前に敵の死角からなど)、味方の援護があるところでドローンを飛ばすのがミソですかね。

待望の新レジェンドということで、ちょっとずつ使って慣れていけたらと思います(まずはマップを把握しよう。)。

新兵器「チャージライフル」

使ってビックリ(笑)

ビームが出ます!

開幕降りたところに武器が無く、ウロチョロしてたところやっと見つけたのが「チャージライフル」でした。

味方が「撃たれてるッ!」となったので駆け付ける。

使い方分からないけど、敵めがけて発砲!

「ビーーー!!!」

敵が溶けて、キルできました!

あれ!?

この武器強くね?

みたいに思ってたのも束の間、別パが漁夫にやってきて…

チーン。

いや、でも新武器(兵器)は素直に嬉しい。

使いこなせるよう、頑張ります。

開幕したばかりの「シーズン3」

「Apex Legends」リリースから半年は経ち、「猛者はますます猛者へ」といった感じもありつつ、私の様なFPS初心者(動きがぎこちない)や新規参入組(復帰組?)もチラホラ見かけます。

このところの「マイブーム」は夜な夜な「Apex Legends」をやる事でして。

てなわけで、戦場で会いましょう。

みなさまも良いゲームライフを。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました