Nintendo Switchでも配信開始!ローグライクゲー『片道勇者プラス』が面白い。強制横スクロールのRPG

2020年6月18日に『片道勇者プラス』のダウンロード版がNintendo Switchでも配信開始されました。

ローグライクゲーム好きの方におすすめの作品。

Nintendo switch以外にPCでも遊べますので、そこについてもご紹介させていただきます(私自身はPC版のみプレイ済み)。

片道勇者

片道勇者プラス – Nintendo Switch PV

元はフリーゲームの作品で『片道勇者』として2012年8月にリリースされました。

PC版は日本国内で20万ダウンロードされた、名作の呼び声高い作品。

強制の横スクロールRPGで次の一手を考えるのが楽しいのですが、止まっていると闇に飲み込まれて死んじゃいます。

自動生成される世界で、ランダムに出現する敵やアイテム。

プレイヤーも敵も1回ずつ交互に行動するタイプの「いわゆるローグライク」的な作品(『トルネコの大冒険』や『風来のシレン』などの不思議のダンジョン系です)。

プレイヤーを強化していき、ゴールを目指します。

細部までしっかり作られているので、周回するのが苦じゃない「なが~く遊べる作品」ですよ。

【ストーリー】

世界は、今まさに闇にのまれようとしていた。

西より迫る、まるで壁のような暗黒の霧。それに飲み込まれた者は誰一人として帰って来ることはなく、闇は今もあらゆるものを飲み込みながら、休みなく東へと進んでいた。

この闇を生み出したのは、「魔王」と名乗る者であると言われている。しかし民はみな、逃れられぬ闇の前にあらがうことさえあきらめ、誰も魔王に立ち向かおうとしなかった。

そんな中、闇を止めるために一人の勇者が魔王討伐に志願した。それが『あなた』である。

引用元:SilverSecond片道勇者より
対応機種Nintendo Switch 
ジャンル強制横スクロールRPG
開発元Smoking WOLF
発売元PLAYISM
発売日2020年6月18日
対応言語日本語 英語
レイティングCERO:A
価格ダウンロード版1500円(税込)

今回の移植にあたり、ほぼ全ての要素を網羅してNintendo Switchに登場 。

  • Switch版に最適化された操作(ファンの方の中には、携帯プレイを望んでた方も多いのでは。これは嬉しいですね) 。
  • クラス(職業)は全11種でそれぞれの特徴があり、様々なプレイスタイルが可能に。
  • サポートしてくれる仲間はみんな個性的で、キャラがかなり立っています。この作品の魅力の一つかと。
  • 260種類を超える多彩なアイテムの中には、用途次第では毒にも薬にもなるアイテムも。上手く使いこなせるかはあなた次第。
  • 全9種類のマルチエンディングシステムで「難易度高めの挑戦」や「長旅の果てで」のエンディングは結構感動しますよ。
  • 個人的には音楽が、結構好きだったりします。

Nintendo Switch 片道勇者プラス ダウンロード版はこちら(1500円)

PC版なら無料

元はフリーゲームですので、公式サイトからのダウンロードで無料プレイも可能。

キーボードでもプレイできます(ゲームパッドでもOK)。

システム要求は

対応OSWindows 2000 XP Vista 7 8 10
プロセッサーPentium III 1.0 GHz or better
メモリ256 MB RAM
グラフィック800×600 resolution or higher
DirectXVersion 9.0
ストレージ50 MB 利用可能
ノートパソコンでもいけそうですね。

要求スペックも高くないので、試しにプレイしてみてはいかがでしょうか?

片道勇者 公式サイト(無料です)

片道勇者 Steam版はこちら(350円)

私はお布施としてSteamで購入しました。

片道勇者プラス

片道勇者プラス日本語版PV

『片道勇者』にDLC的な要素を追加したのが『片道勇者プラス』です。

クラス(職業)に「理騎士」「忍者」「観光客」が追加され、ストーリー面なども強化。

たくさんの追加要素で遊びやすくなっているので、PC版の購入なら『プラス』版がおすすめです。

片道勇者プラス Steam版はこちら(650円)

PLAYISMのセールなどもあり、わりと頻繁にセールしていますが、650円で買っても十分に楽しめるかと。

Switch版とPC版の違いは?

今回、配信開始されたSwitch版との違いについて。

ゲーム内容は変わらないので、PC版に触れていない方にはおすすめとのこと。

ゲームの動作速度もほぼ同じらしい。

元々が軽いゲームではありましたが、移植を担当した「エスカドラ」さんが頑張ってくれたそうです。

年齢制限での修正がちょっとだけあったそうで、PC版もプレイ済みの方は違いを探してみるのも面白いかも。

残念ながらオンライン機能は無しとのこと(PC版で、誰かプレイ中だと嬉しかったりしたものです)。

ですが、「キャンペーンワールド機能」(必ず仲間が登場したり、特殊ルールが付く世界で遊べる)などは他の形で再現されているとのこと。

詳しくはこちらSmoking WOLF開発日記へ

繰り返し遊べる

ローグライクゲームの醍醐味といえば、やり込み要素でしょうか。

ゲーム中に「次元倉庫」というものがありまして、死んだ場合の装備を次回のプレイに持ち越すこともできたりと、周回が楽しめるシステムもあります。

難しくなる分、クリアした時の評価を上げることができる「特徴」など、マゾなプレイも可能。

慣れてきて普通のプレイじゃ満足できなくなってきたら、そっちをやってみるのも良いかも。

Swith持ってないけど

私はNintendo Switchを持ってません(欲しいけど~)。

ですが、サクッと短時間のプレイも楽しめる『片道勇者プラス』は、携帯機のSwitchとの相性も良さそうだと思いました。

ローグライクゲーでアクション的な要素も無いので、のんびりと「寝っ転がってのプレイ」なんていうのもイイかもしれません。

不思議のクロニクル 振リ返リマセン勝ツマデハ

『不思議のクロニクル 振リ返リマセン勝ツマデハ』 プロモーショントレーラー

関連作品として『不思議のクロニクル 振リ返リマセン勝ツマデハ』という作品もあります。

スパイクチュンソフトから発売された『片道勇者』のリメイク作品。

スパイクチュンソフトはローカライズ(対象国の言語や文化に対応させること)してくれたりと、『侍道シリーズ』が好きなので好感度高めなのですが、この作品は…。

原案である『片道勇者』の出来が良すぎたのもありますが、お世辞にも良作とは言えない作品に。

いろいろと『片道勇者』の劣化版的な所が目立ちます。

「動作が重い」「ボイスいらないんじゃ」など、サクサクと進めない感じがマイナス点。

原案の『片道勇者』を知らなければ、もっと楽しめたのかもですが…

PC、PS4、PSVita版があります。

おすすめはできませんが、いちおう紹介だけ。

不思議のクロニクル 振リ返リマセン勝ツマデハ Steam版はこちら(980円)

ローグライク好きの方へ

記事作成にあたりPC版を久し振りにプレイしました。

やっぱり面白い。

なんだかんだで130時間以上プレイしていたりします(寝落ちプレイのカウントが○○時間あったりもしますが…)。

クセが強めの仲間との会話や小ネタが、好みにドンピシャなのかもしれません。

やり込んだ!とは言えないかもですが、Steamの実績(PS4のトロフィー的なヤツ)集めなどもゆる~く楽しめてます。

飽き性気味で、積みゲー化しがちの私にしてみれば、かなりやってる方かと。

そのくらい面白い作品です。

ローグライクゲーム好きなら楽しめる作品ですので、気になった方は是非。

片道勇者 公式ページSilver Second

にほんブログ村 ゲームブログへ

上の2つは『片道勇者』制作についてのウラ話やゲーム開発についてのコトについて書かれています。

『片道勇者開発記: 四年の旅路』のサイドストーリーは思わずウルっと感動しました(ますます作中のキャラクターが好きになりました)。

Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」の会員だと、無料で読むことができます。

ライトノベルで原作ファンの方におすすめとのこと(レビューより)。

ゲーム本編をプレイして気に入った方は、読んでみてはいかがでしょうか?

こちらはまだ読んでないので、その内読もうかと。

Nintendo Switchは、相変わらずの品薄な様ですね。

そして転売価格…。

もうちょい様子見をしようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました